Varier バランスウィング wing


パソコンなど、長時間の作業に最適です。

 

ヴァリエール

バランスウィングイメージ1

バランス・ウィングは無段階で高さ調節ができます。また、キャスター付で動きのあるデスクワークには最適のチェアです。

一時国内販売を中止していましたが2009年春より再販となりました。

 

座った時に背筋が自然と伸び、筋肉にも内臓にも圧迫のかからない理想のバランスチェアです。

背中や首、足などに平均して重心がかかるので、長時間同じ作業を続けても座り疲れがなく、また体のあわせて椅子も前傾するので内臓への圧迫もありません。

 

※左右写真のバランス・ウィングは旧モデルです。

イメージ2
時間は刻々と過ぎ去り、デットライトが迫って来ている状況でも、生産力は依然と高いことでしょう。「ウィング」は、動きを伴う座り方を実現し、深い呼吸を保ち、そして計り知れないほどのエネルギーと集中力をもたらすはずです。
「ウィング」はキャスター付きということもあり、一見すると、月並みなオフィスチェアと思われるかも知れません。キャスター付きの従来のオフィスチェアは、限られたスペースで多くの動きを伴う仕事に対しては理想的かも知れません。この部分までは、ウィングと他のオフィスチェアに余り差はまりませんが、ディテールにおいて両者には大きな違いがあります。フレキシブルに反応する高機能キャスターは、前方へあるいは後方へ体重が移動する際、その荷重に対してスムーズに対応します。
また、伝統的なオフィスチェアによって強制される姿勢とは異なり、ウィングはクラシックタイプのバランスチェア同様、膝をついた自然な着座姿勢をサポートしてくれます。これにより、胴体のバランスは良くなり、背筋は自然なカーブを描くことになるのです。さらに、ウィングはガス圧による高さ調節の機能を持つので、作業内容により、あるいはデスク高さにより、簡単に対応することが出来ます。
バランスウィングイメージ1
バランスウィングイメージ2
バランスウィング
ウィングnew
ノルウェーのでデザイナーグループが自然な座り方を求めて、医師、物理療法士、各分野の専門家と共に開発した椅子。座った時に背筋が自然に伸び、筋肉にも内臓にも圧迫のかからない理想の姿勢が保てます。5本の脚で安定に富み、キャスター付なので移動も簡単、回転の自由。高さもガスリフトで座高が520〜720mmと調節できます。オフィスチェアとしてもお奨めします。
商品名 バランス・ウィング
サイズ L580×W580×H520〜720
材 質 ビーチ材
備 考 国内代理店常時在庫商品 完 売
脚部:プラスチック

ファブリック:ブラック(FA0999)
掲載商品(カラー)は在庫限りです。
新カラーは2022年5月入荷予定です

組立式

デザイナー ピーター・オプスヴィック
送 料 送料無料
販売価格 98,000円(税込)
ご注文数 商品番号:M0641 
完 売
送信 前に戻る


バリエール
ヴァリエール グラビティ バランス ムーブ バランス グラビティ バランスマルチ バランスバリアブル ウィング アクチュラム

リンク2 5064 バランスマルチ バランスバリアブル ウィング アクチュラム 5064 バランスマルチ バランスバリアブル ウィング アクチュラム

 

バランスチェア

ホモ・シーデンスといわれる現在の私たちの暮らし。

人類が2本の脚で立ち上がり、発達した重い頭を支えるのに都合の良いように背骨がS字型に進化したのは300万年前のこと。立っている時が、背骨にとって一番無理のない自然な姿でした。しかし、人間の生活様式が狩猟者や漁民、農民などの暮らしから大きく変化した今日、読書や勉強、様々な職種の仕事、コンピューターOA機器の登場によって、イスに腰をかけ、机にかがみ込む生活習慣が長時間続くようになってくると、背骨は前かがみに曲がったアーチ型となります。そして、これが腰痛を中心として起こる様々な疾患の一因ともなってくるのです。

イスの座り型の概念は大きく変えたバランス理論誕生の糸口。

子供の頃、イスの前脚を軸にして前方に倒すいたずらをした覚えのある型が多くいるはずです。この前傾姿勢で大腿部が下に約30度傾き、股関は60度曲がると腰椎カーブはS字型が保たれ、乗馬時のようにバランスのとれた姿勢で、気持ちよく座ることができます。バランス理論の出発点もこの追体験にあり、背骨が疲れる場合のイスと姿勢との因果関係も主に、腰椎カーブの変動にあるといわれています。 一般には、人が垂直姿勢でイスに腰掛けるとき、股関節は90度曲がるものと考えがちです。しかし実際形状は複雑で、大腿部は股関節のところで約60度傾き、あと30度は腰椎部が無理に曲がり、自然なS字カーブが保てなくなり、疲労を覚えるようになります。普通のイスに座ると背中の疲れてくる原因が解明されたと共に、人間の体の構造機能に適したイスの研究が実を結ぶときがやって来ました。

バランスチェア

エルゴノミクスの思想が私たちの身の回りの用具を考える。

コンピューター時代の幕開けと共に、私たちの身の回りの道具を人間工学的な科学の目で解明しようとするエルゴノミクスの思想が生まれました。「バランスチェア」のシリーズはこうした時代の要請に応えるためノルウェーのデザイナーグループ、セラピスト、医者、科学者など各分野の専門家の頭脳結集と協力のもとに研究、開発された新しい時代の画期的なイスです。
「バランスチェア」シリーズはノルウェーで誕生以来、様々な職場、学校や研究所、店舗、家庭で勉強や美容、健康、仕事の能率改善に、極めて高い評価を得てまいりました。21世紀を見透した独創的なイスです。

 

京都 丸正家具