丸正家具 いー家具ねっと
家具の豆知識

line家具のお手入れ方法
line

1.家具は直射日光に長時間当てたり、冷・暖房器具の吹き出し口、ストーブなどの直接熱を発するものなどのそばに置くと、光や熱によって変形したり、変色する恐れがあります。
line

2.湿気の多い室内では、木が水分を含みすぎて、引出が出なくなることがありますので、適度な室内の換気をお願いします。
line
3.家具の表面についたホコリは、柔らかい布などでそっと払ってください。硬い布でゴシゴシこすったり、砂ぼこりがあると、スリ傷が出来る原因となります。
line
4.塗装した面に、ビニール類を直接長時間置くと、その中に含まれている可塑剤で、塗膜を浸すことがありますので、必ず置かないで下さい。
line
5.家具の角はあまりこすらないで下さい。角には大きな力がかかり、他の面よりも塗膜が薄くなりやすくなります。
(ヒビ・割れなどの原因となります。)
line
6.ツヤのあるもの
普段は柔らかい布で乾拭きして下さい。汚れのひどい時などは中性洗剤か、家具用ワックスなどで磨いてから乾拭きするときれいになります。
line
7.ツヤ消ししてあるもの
ワックスやシリコン布は使用しないで下さい。乾拭きだけにして下さい。汚れのひどい時は、その部分だけ石鹸水で拭きその後、乾拭きをして下さい。
line
8.日本のもの(桐タンス)
ビロード布(メガネ拭きに使用する布)で乾拭きをして下さい。クリーナー、ワックス、洗剤の使用は出来ません。
line
9.においのあるもの
時々、扉や引出を開いて風を入れてあげてください。においがとれない場合は臭気分解剤をスプレーしておくのも効果的です。
line
10.ベッド
ベッドパットはこまめに陽をあてて湿気をためないようにして下さい。月に一度はマットレスの日陰干しのお手入れもお忘れなく。時々、ベッド隅のホコリを掃除機で取り除き、マットレスは頭と足の方向を逆にしたり、裏返しにして使用するなど工夫をこらせば、製品を長持ちさせることが出来ます。
line
11.ソファ
●本革張ソファ
(a)バックスキン・・・毛足の柔らかいブラシでホコリを落として下さい。
(b)革張・・・柔らかい布で乾拭きして下さい。また、いずれも水拭きは必ずさけて下さい。
line
●布張ソファ
布地張はホコリがつきやすいので、毎日お手入れが大切です。毛足の柔らかいブラシを使ったり、掃除機でホコリを吸い取って下さい。汚れやシミは、中性洗剤又はベンジンを布にしみこませ、軽くたたくようにしてとりのぞいて下さい。こすると汚れが広がる事がありますのでご注意下さい。
line
●合成皮革張ソファ
乾拭き又は、軽くしぼった布で拭いて下さい。酸やアルカリに弱い性質のものがあり、変色変質の原因となることがありますので薬品には十分気をつけてください。
line

line
木材の名称
line
楢(ナラ)・・・重厚で堅く柾目は比較的粗く、加工は困難で乾燥中狂いが生じやすい欠点があります。この木は柾目面には美しい縞模様を作り、それが虎の皮の縞に似ているところから虎斑と呼ばれ珍重されています。
line
・・・比重が重く、きめ細やかな肌をしていて硬く、加工性は中位ですが表面の仕上肌はいたってきれいです。この木は接着力が強いのでJIS規格では接着力試験の試験片として使っています。
line
ブナ・・・やや軟らかく、加工性は普通です。柾目面には射出線による美しい紋様を出します。切り出した後、急激な水分発散によって狂いが生じる為、長い間実用樹種ではありませんでした。しかし、人工的な乾燥の取り扱いをすることにより、良好な用材としてとり入れられるようになりました。
line
欅(ケヤキ)・・・内装材、家具材だけでなく、木造建築の建築材としても重要で、大きな木材は寺社建築に用いられています。家具は和家具に多く使われるほか、洋家具にもとり入れられています。
line
チーク・・・心材には黒色の縞があります。これを縞チークといい銘木的高級材として扱われています。材質はやや重く硬く、木目も概ねまっすぐです。伸縮や反りが少なく、耐久性が良く、特に金属と接しても腐らない特長があり、船の甲板に多く使用されています。
line
タモ・・・広葉樹中もっとも通直に育ちますので、まっすぐな木がとれます。心材は褐色、辺材は淡黄白色で上品な印象があります。
line
ウォールナット・・・クルミの木のことで、美しい木肌と狂いの少ない材質で、欧米では古くから家具材や装飾用材として使用され、現在も高級家具や工芸品に使用される世界的に有名な銘木です。
line
アルダー・・・広葉樹としてはやや柔らかく、軽くて伸縮率も少ない木材です。木質が安定していて動きが少ないので、高温多湿の日本に最適な木材と言えます。
line
パイン・・・まつ科の針葉樹。種類が豊富で、木目の入り方など見た目もさまざまなものがあります。年月がたつと白っぽい黄色から、艶やかな飴色に変化します。
line
ラバーウッド・・・ゴムの木の樹液を採り終わった木材で、環境にやさしい木材と言われています。比較的柔らかい材質で、表面がとても滑らかです。
line

line
家具の構造
line
フラッシュ構造・・・棒状の材料で、枠組みしたものを芯材にして、その上から裏表に合板を貼ったものをいう。日本特有の家具の構造です。
line
ダボ構造・・・材料に穴をあけ、ダボという連結用木材を穴に差し、接着剤を入れて接着させたものをいいます。構造的にも強度が充分保たれます。
line
ほぞ継構造・・・古くから日本で用いられている基本的な結合方法です。比較的大きな個所の結合に適し、家具では扉や縦仕切などに使われている構造です。
line
カマチ組構造・・・縦材と横材を直角に組んだものをいいます。扉の構造などに使われており、接合点はホゾ構造と、ダボ構造が使われているのが多いようです。軽量でしかも強いため最も広く用いられている構造です。
line
とめ継ぎ構造・・・縦材と横材を45度に切断し組んだものです。扉の構造などに使われており接合点はほぞ構造が多い。外観が比較的よく、内周、外周に飾り工作をすることが可能です。
line
あり組・・・板同士を直角に組む際最も有効な組み手です。
line

line
塗装の種類
line
ポリエステル塗装・・・肉持ち硬度・耐油・耐薬品・耐候性に優れています。導管が小さいものに適します。
line
ラッカー塗装・・・きわめて速乾性があり、耐候性・耐水性・保色性・硬さに優れています。
line
アクリル塗装・・・光沢・光沢保持・保色性が良く、汚染困難・洗浄容易など、耐薬品性に優れています。
line
ポリウレタン塗装(ウレタン塗装)・・・耐摩耗性、耐水性、耐油性、耐薬品性、密着力などに優れており、現在家具の塗装ではもっともポピュラーな塗装です。
line
自然塗料(オイル仕上げ)・・・自然塗料とは、植物性油脂、直物性溶剤、天然色素を使った塗料です。木の呼吸を止めることがなく、木質感を充分に味わえる塗料です。何度でも簡単に修復できますが、熱に弱いのが欠点です。
line
UV塗装・・・UV塗装の塗面に人工紫外線を照射することにより、塗装の中の成分が反応し驚異的な速さで硬化する塗装法。平面部の塗装に限るが塗膜は非常に硬く、美しい鏡面仕上げとなります。
line
エナメル塗装・・・素地を完全に塗りつぶし、不透明色の塗膜の質感のみで仕上げます。
line

line 家具に使われる素材名
line
化粧板・・・一般的に化粧紙のことを「チタン化粧紙」と呼ばれています。これはチタン紙にパターン(相模様と抽象柄)を印刷したものをいいます。
line
ポリエステル化粧合板・・・一般に「ポリ板」と呼ばれています。名前の示す通り、合板の上にポリエステル樹脂塗料を塗装してあるものをいいます。基本的には合板の上に化粧紙を接着しその上に透明のポリエステル樹脂塗装を塗ります。単色のもの(白・赤・黒など)は合板の上に接触色についたポリエステル塗装を塗ったものもあります。
line
プリント化粧合板・・・合板の上に目止め材を塗って目止めをし、その上に杢目模様などを印刷してあるものをいいます。建築内装材や家具の内装として使用されます。
line
中質繊維板・・・木質繊維を成形したもので、その密度により中質繊維板と、硬質繊維板に分けられます。表面がなめらかで、硬いのが特徴です。
line
塩化ビニル化粧合板・・・木目や様々な色柄の塩化ビニルシートを合板の表面に貼ったもの。加工がしやすく表面をエンボス加工(凹凸加工)にしたものもあります。天然杢にはかないませんが、見た目にはプリント合板より高級感があります。
line
メラミン化粧合板・・・化粧紙にメラミン樹脂塗装を浸みこませ、固めたものをそのままの状態では扱いにくいのでフェノール樹脂をしみこませ、固めてある紙で適当な厚さになるよう何枚も裏打ちして作られています。
line
突板(つきいた)・・・木材の表面を薄く削ってその表情を残したシート状の板。これを合板や繊維板に貼ったものが突き板で家具の面材にします。サクラ、ウォールナット、チークなど貴重な天然材の表情を活かし、多くの材料が作れれます。もちろん無垢材より低コストです。
line
ハイグロスシート・・・着色シート透明シートを合わせた2層のシートの事を指します。表面はつややかで、お手入れが簡単です。
line
パーチクルボード・・・木材や家具や建具や建築材としては不適切な部分、例えば枝とか幹の細かい部分とかを細かく砕いて、ごく小さな切片(チップ)とし、これに接着剤を加えて、熱と圧力をかけて所要の厚みに押し固めて作ります。家具用としては机の天板やフラッシュ構造の中芯などに用いられます。ヨーロッパでは箱物家具の構造材として非常に多く使われています。
line
MDF・・・木を細胞の大きさまで小さく解体、再び接着剤で固めた板です。基本的に紙と同質のものですが、紙よりはるかに厚くて強く、表面は硬くて平滑です。
line
家具用皮革・・・私達が通常使用している皮革は、ステアー(sterr=生後3ヶ月~6ヶ月以内に去勢された牡牛で、2年以上経った成牛皮)が一般的です。
line
オートヒンジ・・・両開き扉の隙間を埋める合わせ部分を可動にし、左右どちらでも扉が開くことができるようにする金具です。
line
スライドレール・・・引出の開閉がスムースに行える様に開発された金具です。最近では、途中まで閉めればその後は自動でやさしく閉まるものなど、種類が増えています。
line
強化ガラス・・・板ガラスを加熱→急冷の工程を経て製造し、生ガラスより割れにくく、割れても破片が細かい粒状になります。
line
ハギ材・・・板を側面部で接ぎ(ハギ)合わせて大きな板に仕上げたもので、木材の美しさを生かした素材です。1枚板に比べ、ソリや乾燥などによる狂いが少ないため、家具の天板に最適とされています。
line
ムク材・・・天然木そのもののことをムク材といいます。
line
集成材・・・棒状のムク材を接着剤でつなぎ合わせて板状にしたものを集成材といいます。
line

家具の豆知識