京都 丸正家具

margherita マルゲリータ Projectionシリーズ


倉田裕之氏率いる建築設計事務所(株式会社倉田裕之/建築・計画事務所)が提案する「雑貨以上、家具未満」の領域を目指し、単体の花の集合体のような集積的な工業製品(プロダクト)のシリーズです。
無駄な飾りは全くなく、直線の交わりでデザインされた、一見京町家の面格子や障子を連想させるシンプルなグッズ。

ポイント10倍
Projectionとは「投影」されたもの、あるいはその面に於ける「突起物」を意味します。

CDラック CD-06

 
CDラック CD-06 壁にたてかけてそれぞれのフック2つを使ってCDジャケットの正面を見せる形で展示収納するCDディスプレイラックです。CD収納の枚数こそ少ないですが、その時間に聴いているCDを見やすい形でディスプレイ出来、またジャケットデザインをその場ですぐに取り出すことも出来るので快適にに音楽を楽しむことが出来ます。
またこのCDラックは業務用として店舗用の展示什器の役割も担っています。ライトな感覚でさりげなくCDを展示する感じでご使用いただけます。

Projectionシリーズの共通モデュールである高さ1,800mmの縦長サイズ。素材には、針葉樹系MDF・ナラ天然木突き板貼りを使用。木が持つ風合いを生かしたナチュラルな仕上がりです。また、CDを飾るフックはゴム製で、CDが滑りにくい仕様となっています。ディスプレイラックを壁に立てかけているので、ベースの板が壁面に対して傾き(約10度)をもつため、CDが手前に倒れてくる心配もありません。

CDのディスプレイはもちろん、お気に入りのポストカードを飾ったり、フックにキーホルダーなどをぶら下げたりしてもOK。シンプルなデザインなので、ご家庭のリビングや寝室、オフィス、店舗など、シーンを問わずに様々なスタイルでお使いいただけます。店舗ディスプレイ用の展示什器としてもおすすめです。



商品名 margherita CDラック CD-06
サイズ W245×D47×H1800mm
材 質 MDF・ナラ突板、ゴム製フック
塗装:無塗装
備 考

22枚(CD)
日本製日本製

送 料 1,080円
価 格

17,800円(税別価格)
(19,224円 税込)

ドルポイント890pt

ご注文数 商品番号:M3733 
   
cd_2cd_3  

CD-06_5 CD-06_6
真正面から見た様子。CDを飾るフックはゴム製なのでCDが滑りにくくなっています。 CDを飾るフック部分のディテール。ゴム製のフックが均一に並びます。

Projectionシリーズにはこんな商品があります…!
mr-02
マガジンラック
MR-02
cd-06
CDラック
CD-06
dvd-03
DVDラック
DVD-03
mp-01
多目的収納ラック
MP-01
ur-01
アンブレララック
UR-01
sr-02
スリッパラック
SR-02
sr03
スリッパラック
SR-03
mp-02
多目的収納ラック
MP-02
ch-01
コートハンガー
CH-01
ch-02
コートハンガー
CH-02
ch-05
コートハンガー
CH-05
 

株式会社倉田裕之/建築・計画事務所
Ladderシリーズ
CD/DVD RACKシリーズ
Ladderシリーズ
Ladderシリーズ
Projectionシリーズ
Projectionシリーズ
Storagecartシリーズ
Storagecartシリーズ
Cavallettoシリーズ
Cavallettoシリーズ
Cartaシリーズ
Cartaシリーズ
BLC
BLCシリーズ
margherita
margherita

コサイン 《北海道旭川 コサイン》
1988年に4人でスタートしました。得意とするのは、木の材質感を最大限に生かしたシンプルな生活道具。木工の名産地・旭川にあってコサインが常にこだわってきましたのは、日常の道具をつくること。
ハンガーラックスツールシェルフキッズクロック
バタフライスツール 《バタフライスツール》
デザイナー:柳宗理
日本を代表するデザイナーとして、国内だけでなく海外でも高く評価されているスツール 。パリのルーブル美術館、ニューヨークの近代美術館など著名な美術館に収集されています。
ニューバンビーニ 《バンビーニ》
デザイナー:佐々木敏光
30年前我が子のためにデザインした木馬になる子供椅子です。原型を崩すことなく、人間工学的検知から何度も改良されて現在の形に至っています。
座面とステップ(脚置き)の高さ調節ができるので幼児から大人まで使えます。
シューメーカチェア 《シューメーカーチェア》
座面は厚い無垢のブナ材から削りだしています。天然の木材でこれだけ厚い材料を使うと、節があるものや、ひび割れのものが混ざることがあります。使われる材料が一個ずつ職人達の手によって検査され、強度に影響のないことを確認してから削り出します。
Yチェア 《Yチェア》
デザイナー:ハンス:ウェグナー
アームを支える後ろ脚は曲線に切り出した2次曲線部材です。これを傾斜させて組み立てることによって、3次曲面に見えるようになっています。また、背板をY字(Yチェア)にすることによってアームの曲線部分に無理なく取り付けられています。